« NeXT IMPRO THEATRE 第29回公演 2:タイプライター | トップページ

NeXT IMPRO THEATRE 第29回公演 1:ロングフォーム、ゲームショウ

2006年10月。都心は秋っぽいひんやりした風を徐々に感じるようになってきた。第29回のNeXT IMPRO THEATREである。
この日はあいにくの雨模様。そのためか、場内はやや空席が目立った印象であったが、今回は前半の最後に新しい試みが見られたり、後半もサプライズ的な演出が行われたりなど、見逃してしまうにはもったいなさ過ぎる、充実した公演であった。サプライズなどの詳細についてはまた後程。

さて今回のNeXT IMPRO THEATREは、いつものimpフルメンバー、入岡雅人(イリ)、飯野雅彦(マサ)、奥山奈緒美(ナオミ)、秋山桃里(モモ:即興ミュージシャン)の4人、Xpotは野間大輔(だいすけ)、鉢山あきこ(はっち)、矢熊進之助(しんのすけ)、松本雅子(マーシャ)の4人の2チーム8人がオンステージした。
オープニングはフリーズタッグからスタート。タイトルは「突撃!」
勇気を出しての告白シーン→表彰式→路上のアコーディオンの演奏→生きたまま心臓摘出→何かをずっとナメナメ(笑)→わき水探索で終了。「何かをずっとナメナメ」は、ご覧になってない方のご想像にお任せします(笑)。

なお、今回から、文中の出演者名は全てカッコ内のインプロネームにてお送りします。


■第1部 ロングフォーム、ゲームショウ


imp:ロングフォーム「ダゾザゾ」

まずはスケッチと連想から。「ダゾザゾ」は「ダ・ゾ・ザ・ゾ」って滑舌の練習の言葉?で、みんなの滑舌の練習の話。イリは一度もそういうことの訓練をしたことがないという。出身は会津で標準語の練習をしているうちに滑舌が良くなったとのこと。ナオミのリクエストで彼が会津弁を話し始めそばからいきなりシーンがスタート。

久しぶりに実家に帰ってきたマサル(イリ)。そしてそれを出迎えた年老いた母親(ナオミ)。マサルは役者を目指して上京したのだが、母は「なんぞTVではまだ見んねえ」と、やんわり問いただす。マサルは、言葉の訛りのせいだとか力ない言い訳ばかり。そういえば、同級生のシゲルが会いたがっていたよと母。

そこでエディット。同窓会の話。今まで一度も出たことがないとマサ。ナオミ、イリ曰く、とにかくビックリする、小学校の友達がおじさんになって出てくるのに本当に驚くとのこと。

場面変わって、同級生のシゲル(マサ)に会いに行くマサル。しかし、シゲルは、変わり果てたマサルを見ても、マサルだとなかなか信じてくれなかった。彼の自宅には、同級生たちととった当時の写真が飾ってあり。そこに3人の子供たちが写っていた。マサルとシゲルに挟まれて、真ん中にはカワイイ少女が。本当にマサルは変わり果ててしまっていた。
するとそこに、写真に写っていた少女であるカズヨ(ナオミ)がやってきた。シゲルとカズヨは同級生同士で結婚していたのであった。それを驚き、懐かしむマサル。カズヨは、マサルの首筋にあるホクロを見て、ようやくマサルだと理解した。そうして、やっと3人は久しぶりに再会することが出来た。
2人はマサルが役者になったということを聞いていたので、さぞかし活躍しているだろうと話すが、マサルは肩を落とし、全然そんなところまで到達できていないことを語りだす。地元から見れば、東京へ出て行った者はみんな成功したり派手な生活をしているような印象を共通的に持つのだが、総じてそれは勝手な想像である。マサル曰く、「みんな、同級生はどんどん離れ離れになって、もうこの土地にはお前たちぐらいしかいない。だから会いに来たんだ」。
どうやら彼は相当自分の先行きに行き詰まってしまっているようだった。

エディット。いろいろな家庭の事情で、仲良かった友達たちがどんどん引っ越していってしまったというナオミの話。それも地上げなどのような理由で、友達のお父さんが怖い人に蹴られたりしたという。自分のお父さんが蹴られたりするのって、なかなか見ないよね。見たらショックだよねと言う話。

場面変わって、マサルの自宅。
いろいろと思い悩んだマサルは、ついに東京へは戻らずに、俳優を辞め、このまま実家に戻るということを決意する。しかし、その挫折感は重く、すっかり元気を無くしてしまっていた。母はその様子を心配に思い、遊びに来たシゲルにマサルを元気付けてあげるように言った。
シゲルはマサルに、せっかく帰ってきたのなら、最近地域に出来た人形劇団の手伝いをしたらどうかといった。俳優の修行をしたのに人形なんて・・とマサルが言ったので、そこでシゲルは、実際に使われているという人形(しんのすけ)を見せた。「(訛った言葉で)どうだ。マイケルジャクソンみたいだろ」(笑)。人形を見てその言葉を聞いた瞬間に、マサルは急にやる気が出てきて(笑)、人形劇に挑戦することにした。

そして、人形劇団の公演の当日。
マサルは、嬉々として人形を操り、キャラクターを演じていた。もともと人形がマイケルジャクソン風なこともあり、台詞はなぜか全て英語で、英語人形劇という作品(笑)だった。観客はもちろん、田舎のおじいちゃんとおばあちゃんたちだったので、その台詞はなかなか理解してもらえなかったが、マサルはとっても活き活きと人形を操っていた。
それを客席から見ていた友人のシゲルと母。実家へ戻ってきて、ようやく元気を取り戻して仕事を始めたマサルを、二人はにこやかに眺めていたのであった。


Xpot:インアウト「棒も磨けば針になる」

インアウトは、舞台上に常に2人いる状態を維持しながらシーンを進めるというゲーム。誰かが3人目としてシーンに登場した場合、2人のどちらかが理由づけてシーンから出て行かなければならない

針を念入りに磨く一寸法師(はっち)。鬼に囚われたを取り戻すべく、強い決意で、針を磨いていた。それを頼もしそうに見るおじいさん(だいすけ)とおばあさん(マーシャ)。世話好きな2人は、法師にちゃんちゃんこやら団子やらいろいろ持たせて見送った。
一寸法師はお椀に乗って、鬼の下へと向かった。そこにはいかにも悪そうな青鬼(しんのすけ)が、(マーシャ)を捕らえていた。法師は、針の刀を持って、果敢に鬼に向かっていくが、全く持って歯が立たない。しびれをきらせた姫は、えいやと自力で脱出してしまった。
青鬼は、赤鬼(だいすけ)に姫を逃がしたことを責められたが「これも遊びのうちよ」と言い、今度は2人でふもとの村を姫を探しながら大暴れした。村の家々は、鬼たちに踏み潰され、法師のおじいさんとおばあさんも無惨に飛ばされてしまった。
しかし、そこに再び法師が現れ、再び果敢に飛び掛った。しかし、やっぱり法師は法師。まったく歯が立たない。そこに再びしびれを切らした姫が現れ、棒きれで、鬼を一激の元にしとめた。姫大活躍(笑)。そんな強い姫の戦う姿を見ているうちに、法師の身体は姫と同じ大きさになり、今度は本当に姫を守ることを誓うのであった。


Xpot:最後が最初「マリーアントワネット様」

最後が最初とは、短い場面をたくさん演じ、その場面での最後の台詞を、必ず次のシーンの最初の台詞にしなければならない、というゲーム。
タイトルカードから「マリーアントワネット様」という台詞からスタート。

マリーアントワネット様にラブレターを渡す練習をする(しんのすけ)。そこに、本物のマリーアントワネット(だいすけ)が通りかかり、いきなりプロポーズ本番になる。男は勇気を持ってプロポーズのラブレターを渡したが、マリーアントワネットは無情にも、彼の財産の状態を確認する質問を言い出す。

地面のアリさんに財産がどのくらいあるかを聞くミチコ(はっち)。ミチコはとっても好奇心旺盛で、どうしてもアリの財産状態を知りたがっていた。遠くからは、ミチコを呼ぶ(マーシャ)の声。彼女は、今日もアリと話が通じないことをとても残念がる。

学校の屋上からいじめっ子(しんのすけ)に無理矢理バンジージャンプをさせられる男の子(はっち)。しかし、そこに先生(マーシャ)が来てくれた。先生は激怒し、泣きじゃくる男の子を助けてあげる。

とある先生(だいすけ)に、すごい金額の支度金を渡す女性(はっち)。但し、全ての権利(を譲ってもらうという約束であった。先生は、意を決して、「全てをゆだねよう、キミに」と言う。

何かの動物を川に放つ少年(マーシャ)。動物はなんと、オオサンショウウオ(はっち)だった。オオサンショウウオは、とってもぐうたらで傲慢な態度で、川じゃなくて沼に放してほしかったんだよなあとブツブツ文句
そんなに言うなら、もう一度釣り直すぞと少年はいい、さっそく釣りをはじめた。さすがにそれはイヤだと、オオサンショウウオはしぷしぷ「ありがとうございました」と言って、そのまま川へ出て行った。

【スナドリ注:オオサンショウウオは環境省のレッドデータブックに登録されている準絶滅危惧種であり、我が国の特別天然記念物に指定され、文化財保護法によって厳重に保護されております。無断で捕獲したり、針で釣ったりなどして傷をつけた場合は、法律によって罰せられますので、決してマネなどしないようにご注意下さい。】


Xpot:ペーパーズ「3つの願い」

ペーパーズは、舞台上にタイトルカードをばらまき、シーンの最中に、カードに書かれている言葉を、たとえどんなにそのシーンに場違いなセリフであっても、必ず理由づけて、生きた言葉として必ず読み上げなければならない、というもの。

流星に向かって何やら祈りを捧げている女の子(はっち)。しかしタイミングが合わず、なかなか祈りが届かない。「お金を下さい!私の願いはそれだけなんです!」。そこに先生(マーシャ)が通りかかり、あんたそんなタイミングじゃ全然願いは届かないわよと言った。
そこで行われているのは、願い事合宿。流星群がやってくる夜を利用して、みんなで何かの願い事をかなえようとする部活の合宿であった。
先生は、これから山小屋で寝るので「この線から僕の陣地。絶対またいだり、あたしを起こしたりしないでね」と強く念を押した。
そこに田村くん(だいすけ)がやってくる。彼は彼女が欲しいということが願い出あったが、彼もまたなかなか願いを通すことが出来なかった。さらにそこに川口(しんのすけ)もやってきた。彼は、美味しいものを腹いっぱい食べたいということが願い。みんなで喧喧諤諤。やはり川口には勇気が必要ではないかと、先生の言った線を彼にまたがせることにした。

その頃、先生は、ルンルンな鼻歌を歌いながら、1人でヒレステーキシャンパンを楽しんでいた。どうやら、リッチ好きな先生であるらしい。ところがそこに線をまたいで川口がやってきた。ヒレステーキに目を輝かせる川口。先生はあきらめてそれを食べさせ、川口の願いは見事にかなった。

それを見た田村はやはり勇気が大事と、再び流星群の下へ行く。そこには、女の子が相変わらず、願いを叶えようとしていた。田村が勢いよく願いを念じると、どんぴしゃのタイミングで、星が通った。そして田村は、勇気を出して女の子に告白をする。「前からキミのことが好きだったんだ!」。しかも彼はなんと、財閥の息子であった。そうして女の子も、お金持ちという願いを同時に叶えたのであった。


Xpot:4WAYダビング「かつら屋」

4WAYダビングとは、A←B←C←Dの順に出演者が並んでいた場合、Aは、Dの声を担当し、BはAの声を担当し、CはBの声を担当し、DはCの声を担当する、というゲーム。各人は身体は自由に動かすことが出来るが、声は他人によって出される状態となる。別の人の声を担当していながら、いかに自分の役の声と演技に集中できるか、プレイヤーの腕の見せ所である。
今回はだいすけ←はっち←しんのすけ←マーシャ←だいすけの順でダビング。

城下町へお忍びで遊びに来た殿様(はっち(声:しんのすけ))。実は根っからのおしゃれな殿様は、ずっと同じ髪型をするのに飽きたので別の髪型にしたいと、かつら屋(しんのすけ(声:マーシャ))へ相談に来ていた。そこには殿の家来(だいすけ(声:はっち))もおり、そのことに難色を示していたのだが、殿様はどうしても変えたいといってきかなかった。かつら屋はいろいろと悩んだ末、とっておきのかつらを出してきた。それはなんと黄金に輝く、とんでもなくド派手なかつらで、殿様はそれをたいそう気に入った
お城では、一旦城に戻った家来と妾のおよね(マーシャ(声:だいすけ))があれこれと相談していた。家来は、先祖代々続く髪型を変えようとしてしまう殿様に何とか思い止まらせたいと言い、およねは、私が殿に上申しましょうと言った。
その頃、殿様は新しい髪型で城下町を意気揚々と闊歩していた。そこに、やってくる家来とおよね。およねは、そんな成金趣味の髪型は・・と早速殿様に言おうとした。ところが、殿様が彼女に後頭部を見せると、そこには大きな金の家紋が施されており、およねはそれをとても気に入ってしまい、殿様に惚れ直してしまう。
家来が頭を抱えるのを気にもとめず、殿様はしなだれかかるおよねを満足そうに抱きしめたのであった。


その2に続きます。

|

« NeXT IMPRO THEATRE 第29回公演 2:タイプライター | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39945/12386697

この記事へのトラックバック一覧です: NeXT IMPRO THEATRE 第29回公演 1:ロングフォーム、ゲームショウ:

» 「素敵な作品がまた出来ました!」ナオミ [NeXT IMPRO THEATRE]
だいぶおなじみになってきたNeXT IMPRO THEATREの劇場レポート「スナドリの巣」が更新されました! 今回もとても細かく、そして(私たちが創ったと思えないほど)素敵な内容です。 ご観劇頂いた方は、再びあの感動(?)が味わえます。 観ていない方も、劇場にいる気分が....... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 05:08

» 「客席から広がっていく世界」奥山 [We didn't know what happens today.]
前回、前々回のNeXT IMPRO THEATREの劇場レポートが更新されました。 毎回とっても楽しみにしています。 かなり細かく書いてあり、劇評もあるので、大変参考になります。 でも、これを読むたびに自分たちが見て創りだしている世界と、客席のお客様の中から広がっている世....... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 05:20

« NeXT IMPRO THEATRE 第29回公演 2:タイプライター | トップページ